居酒屋ではしご酒に挑戦

皆さんは「はしご酒」という居酒屋の楽しみ方をご存知でしょうか?
はしご酒とは言葉通り居酒屋にはしごを架けて渡るようにいくつものお店を飲み歩くことです。
最近の居酒屋はゆっくりくつろげるお店も多くなっているので、
なかなかはしご酒に挑戦する機会が減ってきています。
しかし、はしご酒ではいくつものお店を少しずつ楽しめるため、
今まで行ったことのないお店を開拓出来るという魅力を持っているのです。
今回は、そんなはしご酒を楽しむコツについて見ていきましょう。
はしご酒のポイントとして心掛けていただきたいのは、1つのお店に長居しないことです。
いくらはしご酒をしようとしても、1つのお店に2時間も3時間も居座っていてはいくら時間があっても足りません。
なるべく30分以内、長くても1時間ほどしたら次のお店を目指しましょう。
はしご酒に挑戦しやすいお店の特徴は、まったり出来る空間が少ないことです。
例えば立ち飲み居酒屋やカウンター席しかないお店などが良い例といえるでしょう。
こうしたお店は座席数自体が少ないため、
お客の回転率を上げることが利益に繋がっています。
つまり、長居しなくてもお店側が困らないのです。
反対に、座敷やテーブル席がたくさん用意されている居酒屋は、

その気が無くても居心地が良いため長居しがちになってしまいます。
はしご酒初心者の方は、立ち飲み居酒屋などだけを巡るようにすることをおすすめします。
また、居酒屋で必ずといって良いほど請求されるお通し代やチャージ量はたくさんお店を巡るほど払う機会も増えてきます。
最近ではお通しなどをカット出来るお店も見受けられますから、
節約しながらはしご酒を楽しみたい人はこういったお店を選択しましょう。

 

私のコミュニティで良く利用しているのはこちらです。http://kichijoji-akari.com/